映画(オカルト・ホラー)ランキング 怪奇映画屋ぱにっく堂について |  プライバシーポリシー |  お問い合わせ |  読者になる

怪奇映画屋ぱにっく堂

Netflix、アマプラのホラー映画・SF映画のあらすじ、感想をネタバレ無しで全力執筆中!

謎映画「テラーハウス」は、良い所と悪い所の差が極端!なぜこうなったんだと困惑せずにはいられない、Z級ホラー映画だった!あらすじ、ネタバレ無し感想

PVアクセスランキング にほんブログ村

どうも、ぱにっく堂です。

今回はAmazon prime videoで配信中の、皆さんお待ちかね?の謎映画「テラーハウス」をご紹介。

f:id:panic_dou:20210923152427j:image

予告編はコチラ↓

◆作品概要◆
2012年公開アメリカ)
上映時間:93分
監督・脚本:ダニエル・モンロー
出演:ティム・バンチ
        ダニエル・テウェル
        マイケル・リソ
 
〜あらすじ〜
ニューヨーク最大の規模を誇るお化け屋敷「ハウス・オブ・ホラー」
リニューアルオープンまで1ヶ月となり慌ただしく準備を進めるスタッフ達だが、スタッフ1人何者かに襲われ謎の死を遂げる。
 
しかし、それぞれ持ち場にいるため、その事実気付かず作業を進める。
そうしている内に1人、また1人犠牲者が…。
一体この建物では何が起こっているのか?
 
f:id:panic_dou:20210923162230j:image
 
〜感想〜
特に書くことはない。
終わらせてしまいたい所ですが、大事な時間を費やしたので、この作品にもそれなりに集客して貰わねばと頭を捻っている所です。
そして2時間後
 
はい、戻って参りました。
サラッ2回目観たんですが、やはり内容理解できませんでした。
しかしながら、それなりネタは出来たので書いていこうと思います。
 
まず、ハッキリ言ってオススメはしません!
B級を遥かに超えるZ級ホラーですから。
 
f:id:panic_dou:20210923163720j:image
 
特殊メイク小道具の造型異様なまでにレベルが高く勿体無いから他の映画や、コレを使った本当のテラーハウスを造ればメチャクチャお客さん来るだろうなって気がします。
 
上の画像ピエロみたいのとか、なかなかイカしたビジュアルの悪魔も何体か登場するので、特殊メイクとかお化け屋敷内の小道具が映ってるシーンは凄く楽しいんですよ。
 
しかし、それを補って余りある雑なCG
そして解るヤツだけついて来い!と言わんばかりのペラッペラ薄いストーリー
30年くらい前の子ども向け特撮ヒーロー番組でも観てるのかと思いましたよ。
 
f:id:panic_dou:20210923165607j:image
 
この手のホラー映画では定番の話ですが、ジャケットシーンなんてモノ存在しませんし、それどころか途中からスタッフでも何でもない女性たちが雑なCGで殺られていくシーンダラダラと…。
 
本作の原題「House of Horrors: Gates of Hell」なんですが…気付いた方はかなりのマニア
そう、名作地獄の門タイトル被っているという、なかなか挑発的な態度でしょう?
相手は1980年代代表するアゴスプラッター映画で、今だに大人気ですからね。

まぁ、内容は一応地獄の門が開く」的な内容ではあるので文句の言いようも無いんですが…。

コレ、Amazon prime video観てるから良いものの、新作レンタルなんかした人はディスク叩き割りたかったんじゃないでしょうか。

f:id:panic_dou:20210923170927j:image

〜まとめ〜
とにかく秀逸すぎる特殊メイク小道具クオリティと、雑すぎるCG意味不明なストーリー。
このギャップに驚かされっぱなしの90分

製作開始から小道具力入れすぎ予算使い果たしてしまったのかなぁ…って、そんなザル勘定映画って作れるモノなんだろうか…。

しかし、こういう作品もあって良いんですよ。
そりゃ新作レンタルしてしまった方にはから合掌したいと思いますが、どんな映画駄作があるからこそ名作があるワケで、世界名作だらけなら名作なんて概念すら無いんですからね。

眠れなくてお困りアナタ!これを観れば30分カクンと落ちて翌朝スッキリ間違いなしッ!
お1ついかがです?

ではでは、今回はここまで。

ランキング参加中!ポチッとして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村