映画(オカルト・ホラー)ランキング 怪奇映画屋ぱにっく堂について |  プライバシーポリシー |  お問い合わせ |  読者になる

怪奇映画屋ぱにっく堂

Netflix、アマプラのホラー映画・SF映画のあらすじ、感想をネタバレ無しで全力執筆中!

A History of ぱにっく堂〜幼少時代〜

PVアクセスランキング にほんブログ村

どうも、ぱにっく堂です。

皆々様応援お陰にほんブログ村映画ブログランキング1位獲得できました。

日々、ご愛読頂き有難う御座います

それで少し映画鑑賞をお休みして、昔話がてら「ぱにっく堂」がどのようにしてホラー映画と出会い、どんなホラー映画を観て「ぱにっく堂」になったのか。

需要なんて全く無さそうですが、そんな事を語ってみようと思います。

4000本近くホラー映画を観ているので、全て紹介することは到底できませんが、「幼少時代」「学生時代」「社会人」と分けて語っていくので、懐かし映画再会できるかも知れません。

f:id:panic_dou:20210919003102j:image

九州田舎町に生まれたぱにっく堂は、生まれつき強い方ではなく友だちと言えば家にあった漫画図鑑などのばかり。

しかし、1990年に大きな転機

それは金曜ロードショーで放送されたダン・オバノン監督のゾンビ映画バタリアンでした。

祖母の家で14型のテレビを、何が起きているのかも分からず眺めていた私の目に飛び込んできた…

f:id:panic_dou:20210918180057j:image
バタリアン」1985年

「タールマン」…今となっては心底愛していますが、当時の私はテレビの前腰を抜かし号泣したのを今だに鮮明に覚えています。

私とホラー映画の出会いはこのバタリアンで、ファーストコンタクト腰は抜かすわ、号泣するわで惨敗したワケですが、この時点でホラー映画というモノ不思議な魅力を感じていたのでしょう。

ぱにっく堂少年はこれ以降、レンタルショップに行くお小遣いを貰うと、仮面ライダージブリ映画を借りている時に、ホラー映画のコーナーにかじりついていました。

続きが気になったのかバタリアン2」を観て、そのあまりのコメディ寄りの仕上がりにガッカリして、少しバタリアン嫌いになってみたり…

f:id:panic_dou:20210918180905j:image
バタリアン2」1988年

ザ・フライブランドル博士ブランドル・フライ変貌していく様が、あまりにもグロテスクで、今までに観てきたゾンビ映画なんかより恐ろしい姿震えてみたり…

f:id:panic_dou:20210918180957j:image
ザ・フライ」1986年

「悪魔の毒々モンスター〜東京へ行く〜」では、予想だにしない女風呂お色気シーン赤面してしまい、何かとても悪いことをしたような、得したような変な気持ちになったりしていました。

関根勤さんがスゲー叫んでましたよね。

f:id:panic_dou:20210918190329j:image
「悪魔の毒々モンスター〜東京へ行く〜」1989年

思えば1980年代〜1990年代素晴らしい時代でした。

VHSレンタルは今考えれば驚くほど高額で、旧作でも1本300円なんかが普通レンタルして観るには限りがありました。
毎週のように1000円渡してくれてた親には感謝しかありませんな…今なら500円でお釣りがくる。

しかし、金曜ロードショー「ゴールデン洋画劇場」、私の大好き淀川長治さんが解説を務める日曜洋画劇場週末映画三昧

規制緩かったのかSF映画ホラー映画で、残酷なシーンが含まれる作品放送されてましたもんね。

これまた私の大好きな映画「スペース・バンパイア」解説淀川長治さんが「全裸、全裸…エロティックな」連呼しながらも、トービー・フーパは何と恐ろしい映画を作ったんだ⁉︎と語っていたのも良い思い出です。

f:id:panic_dou:20210918191706j:image

f:id:panic_dou:20210918192848j:image
「スペース・バンパイア」1985年

その他にも、テレビ放送されたモノメインではありますが、様々なホラー映画SF映画に出会い、その多くを好きになりました。

シガニー・ウィーバー主演「エイリアン」シリーズ、我らがシュワちゃんパッカリ割れて登場する「トータルリコール」等々…

f:id:panic_dou:20210918213355j:image
上「トータルリコール」1990年
下「エイリアン2」1986年

幼かったので、怖いながらも視覚的分かり易い作品が多かったのは間違いありません。

しかし、これは近年になって気付いたのですが、私が好きになった作品の多くはダン・オバノン監督、もしくは脚本手掛けた作品が多いんです。

バタリアン監督で知られるダン・オバノンですが、脚本家としての活動の方が多く、これまでの文章に出てきた7作品のうち5作品は、なんとダン・オバノン製作に関わっているんですよ?どれか分かります?

f:id:panic_dou:20210918214046j:image
ダン・オバノン (1946〜2009)

監督脚本家として素晴らしかったことは、遺した偉業の数々から疑いの余地もありませんが、実は非常に上手く映画内のデザインも自身で行っていたダン・オバノン

その画力の高さバタリアン収録されたインタビューで見ることができるので、1度ご覧になって頂きたいものです。

私は、創り出すリアルフィクション混在する世界観シリアスコミカル絶妙ブレンドされたストーリー徹底的リアル追求したモンスターデザインから生み出される笑いに、知らず知らずのうちに惹き込まれの作品のになっていたという事でしょうね。

f:id:panic_dou:20210918215250j:image

そうしてダン・オバノン育てられたと言っても過言ではない幼少時代は、ゾンビモンスター染め上げられていました。思い返せば…

三つ子の魂百まで…なんて言葉がありますが、私はこの言葉通り幼少期経験色濃く残っていて、今も観るのはゾンビ映画モンスター映画優先。

同級生の子たちが週刊少年ジャンプに登場するヒーローの話をしている隣で、ひっそり「脳みそ〜」ゾンビになりきる狂った少年でしたね。

f:id:panic_dou:20210918220250j:image
「ゾンビ」1978年

そしてコンピューターバグって大問題になるとかいう世界的大ウソが流れた2000年

部活に打ち込みホラー熱冷めていた私を、一気ホラー映画世界引き戻す超名作テレビ放送されるワケですが…

それはまた「学生時代編」で話すとしましょう。

ではでは、今回はここまで。

ランキング参加中!ポチッとして頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村